Tuesday, October 27, 2015

ヤマレコのワクワクする使い方

■ ヤマレコのワクワクする使い方発見!!

今日は朝から、ヤマレコのワクワクする使い方を発見した!

まず、プレミアムプラン の ”地図検索” に行く。





2) すると、日本全国、ヤマレコ全ユーザーが歩いた無数のルートが赤線で表示されている。


こんな感じ。まっかっかで、歩く気にもなれない・・・日本中しらみつぶしに歩かれているではないか!

3)・・・と思いきや・・・、拡大すると意外に歩かれていない。

先日歩いた、大根沢山北東尾根は、踏み跡が濃いが、ひとつ隣の北東尾根から派生して、東に延びる尾根は歩かれていない。 こっちを歩けばよかったなー。近道だし・・・


尾根の途中で末端を避けている様子も分かる。歩かれていない尾根の末端はダメ(=急すぎて降りれない)ってことだろう。

■ 過去に自分が歩いた尾根を評価

1)西破風山 青笹尾根  私が歩いた末端ルートを歩いた人は他にいない♪ やった♪



■ これから行く尾根を評価

1) 金峰山八幡尾根 みんな尾根じゃなくて林道を歩いているし!! よし!この辺の新ルート開拓だ!!



■ ちなみに外国のルートもある

ヤマレコは、別に地図さえあれば、どこでも登録できるので、ためしにニュージーランドを見てみたら、ルートが登録されていた!

ヤマレコと同じ方式で、地図にルートをマッピングする各国データがあれば、それを統合すると、地球規模で、どこが歩かれていて、どこが空白地帯か、一目瞭然となる・・・

これはすごいことだなー!!!

NZに移住して、地図をまっかっかにしたい!とか思ってしまった・・・


まぁ空白を埋めるという発想は、古い。 それでも伝統の発想だ。

実際、まっかっかに見えるご近所を拡大表示してみると、以外に歩いてくださいというような顕著な尾根なのに、歩かれていないルートが結構ある。

例えば これは小川山の拡大図だが・・・北尾根、東尾根、全く記録なし!


 こんなにはっきりした尾根なのに・・・


■ ヤマレコのメリット

私はヤマレコを使っている。理由は

≪計画書編≫

 1) 山岳会には地図を用意しない人がいるから。 そのような人にもワンクリックで印刷できる。
 
    ・ヤマレコなら、最新の国土地理院の地図が容易に自宅で印刷できる。
    
    ・磁北線は勝手に入るので、手書きする必要もない。

 2) 歩くルートが何キロで、標高差何メートルなのか、グラフ表示が簡単にできる。
    したがってコースタイムの見極めが容易。

 3) 登山届けがワンクリックで警察署に出せるから。

 4) 下山遅れの場合、登録先メールに自動でお知らせが行くから。

です。

めんどくさい記録作りも楽に行えます。

≪記録編≫

 1)写真を多数の人と共有するのが楽

 2)複数の人が同じ記録に書き込みできる

 3)後で統計になって表示される。

■ 当方の記録

当方のヤマレコ記録はこちら。

全ての山行をあげているわけではなく、クライミング系はいれていない。増えすぎると思ったので。

ヤマレコにはクライミング人口は少なそうだし・・・。でも反省した方が良いかもしれない???

パートナーゲットには地道な努力が必要、と言われているんだしね!!

■ リードオンリーはタダ乗り

ヤマレコは、助け合いの場だ。情報を見るだけで提供しない人は、タダ乗りとされ、嫌われる。

したがって、山行を一つ情報収集に使ったならば、一つ記録をUPして、情報提供のほうもしておくのがマナーだ。


8 comments:

  1. ヤマレコに登録してあるルートって
    ハイキングルート や 昭文社 山と高原地図の赤線(破線、実線)は
    結構あるけど、それ以外は少ない、、、のかなと思ってました。

    ですので、
    ヤマレコマップ上に赤線なくても「自分が一番のりー」とかは思ったことないですけど
    「自分が今まで行った全ルート」の地図で「あ、ここ俺まだ行ってないんかー」とか分かりやすいので
    おもろいな思てます。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 確かに記録をヤマレコにあげない人もいますが、日本最大の記録サイトであることは間違いないですからね~ 

      昭文社の破線程度までは、ガイドブック依存でも、歩ける、ということなんですよね。

      私も「自分が今まで行った全ルート」を見るのは好きです。上げていない記録をあげたいと思うのは、この時です。でもまったくルートがない山行をあげるのは、夢を壊すのと、行くべきでない人がGPSをダウンロードして、GPSにナビをさせて、行ってしまうかもしれず、そうなると、登山ではなくなるので、記録をあげるかどうかは悩ましいです。

      Delete
  2. 最大でも沢登りの人は少ないっすねー。

    ヒトはヒト、ジブンはジブンで、いいと思ってます。ヤマレコの情報だけで行く人が全てではないですから。

    ReplyDelete
    Replies
    1. え?人のことを気にして登ってたんですか? 意外だなー 

      Delete
    2. あれぇ、「考える登山」が「Thriver…」になってるぅ。

      ヤマレコの記録は時々見てますよん。(PC画面)新着の山行記録→もっと見る→沢登り(or 滑走) ってやつです。

      「気にして登る」といいますか、人様の記録など参考にさせてもらってますですよ、大いに。有難いことです。
      ヤマレコ以外の情報源からゲットするほうが多いんですけどね。

      Delete
    3. そうですね~「ちょいバリ」とか、私も良く見ています。でも、歩かれていないかいるかは、検索で大体ヒットしているような気がします。本当に内緒にしたい時は、記録を書かないです(笑)。ネットで簡単に検索し、情報収集ができる記録が増えると、バリエーションルートだったものが、整備されて、一般ルートになってしまうようです・・・。たとえば、鶏冠山とか、日向八丁とか、ハシゴや鎖が整備されてしまって、以前はロープが出るルートだったものが、今では必要が無くなってしまったみたいです。
      というわけで、記録をネットに出すのは、あまり良い判断ではない場合もあるかもしれないですね~ でも、やっぱり行く前には検索して、見てから行ってしまうんですが・・・(^^;)

      Delete
    4. Damienさん、こんにちは☆ 今日も沢でした☆ 私はヤマレコで赤線になっていないから入っていないとは言っていませんよ。ヤマレコに記録がないって言ってるだけですよ。

      テープはいらない派です。山の楽しみを削ぐので良くないと思っています。でも、テープがなくても踏み跡があれば、同じことですね。

      一般ルート化してしまったバリエーションルート・・・それでも、比較的静かだという価値はあるのかもしれません。

      食通が本当においしい店は教えないのと同じように、本当に面白いルートは教えないモノでしょう・・・たぶん。

      Delete
    5. なんかコメントが間違って消えてしまった・・・スイマセン!

      Delete