Saturday, August 11, 2018

小川山で墜落事故

昨日ヘリが3往復しているのを見ました。父岩なら、初めての小川山での定番、小川山物語かなぁ。

一般的にフリークライミングの岩場では、中間支点もアンカーもしっかりしているので、ビレイがきちんとしていれば、フォールしてもキャッチしてもらえ、大怪我には、ならないはずです。

私は、登山から入ってクライミングしていますが、外岩にデビューする前に、ビレイ技術の習得が必要だと考え、そのためだけに人工壁に通いました。人工壁でのリード練習に通ってビレイを習得する時間は、週2で半年、週1で一年程度だと言われています。

それを設けず、山に行くのと同じ感覚でフリークライミングの岩場に出かけてしまう人が多いように感じています。

特に山から入った人は、ビレイなんて先輩は落ちないからロープを持っているだけでいい、と、ビレイ習得への意欲が低く、ビレイ=技術だと認識する以前に、五級AIで表現される山の岩場と同じ感覚で、デシマルグレードのフリークライミングへ進んでしまっている印象が強いです。

インドア壁にちゃんと通わないとビレイは習得できないのです。それはインドア壁での強固な支点がないと、気軽な墜落は許されないからです。

小川山へ行く人は、ビレイ習得ずみを第一条件にフリークライミングへ進んでほしいものです。

世間の傾向として、クライミング力への注力、賛辞は大きいですが、守りの技術であるビレイ習得に関する情報や強調がほとんどなく、事故が多いのは、そうした社会の在り方の反映でしかないと思います。

Monday, June 25, 2018

山やとしての完成

心・技・体・知・経ということで、山ヤとしての完成度が高いのは、やはり40-50代ではないかと思う。

私はまだ5.11は到達していないし、アルパインのルートで、どこでもこなせる支点制作力が身についていないし、一日15ピッチはたぶんできるが、20ピッチは疲れそう。40P?無理、無理。

もちろん、山は楽しむものなので、楽しんでいたらいいのだが、楽しいということは、成長も、経済ペース。つまり、無理をしていない。ゆっくりということなので、例えば、60代で山を始めた人が、ロープが出る山で山ヤとしての完成をみることは、おそらくないだろう。技術がついて登れるようになる前に、肉体的に登れなくなっていく。

もちろん、ロープが出る山をしなくても、ただ単に、足腰を鍛える山歩きをしていれば、いいし、それはそれで、満たされた良き活動。

ただ、山の難易度で見たときに、上向きではないということだ。もちろん、上向きだけが良い価値観ではない。

ということを考えると、楽しく登って、経済ペースで成長し、そしてそれで、うまいこと体力の絶頂期に、山の技術、経験、知識、が身についている時期というものがある。

それに、行きたい!という心が加わる。結婚してしまうと闘争心はなくなるので、例えばアイスの6級なんて、挑みたい気持ちが無くなるだろう…登る前に子供の顔がよぎったりして。トップロープ?それでは、牙を抜かれたみたいな気がするだろう…

というわけで、大事なことは、タイミング。そして、そのタイミングが来たときに、掴むこと。

現代は山の世界は貧困化しているので、多くの場合、環境が揃わない。私は2年ほど前、ちょうど黄連谷が良い時期だったが、メンバー不足。錫杖も同じ。大山北壁も同じ。だから、山というのは、特にルートの場合は、天からの賜りもの。

ありがたく頂戴するのが大事だ。

Tuesday, June 19, 2018

やる気のある岳人vs面倒みられたい岳人

指導者クラスの人がいるとき、やる気のある岳人だったら、自分のパートナー候補者を連れて2個一で、指導者の前に立つ。

そうしないと、自立してルートに行けないからだ。

二人セットで連れて行ってもらったら、次は、自分たちだけで行って自家薬きょう中のものとする。そうしないと、いつまでたっても連れて行ってもらう、から、脱却できない。

一方、依存的な人は、一人で指導者につこうとする。のは、親の愛情独り占めと同じで、同レベルの相手を、競合相手と見なすから。面倒を見られたい、という思いが表れているわけだ。

私は、山岳会に入るとしたら、自分のパートナーを連れて入る、というのが正しい路線と思います。基本は自立した山を続けながら、自分の力が及ばない山の時に、助っ人で先輩に入ってもらう。

そんな山をするためにあるのが山岳会の役割と思います。