Friday, August 8, 2014

山が違う

■ 生きていることは奇跡の連続・・・ 

今週は、月曜日の滑落でスタートとすごい一週間でした。まだ、打ったところが痛いです。

が、いつものヨガレッスンで締めくくることができ、それは平和な、日常の幸福を味わっています。

生きていることは、日々奇跡だ、ということは、分かっていても、ついそれを忘れてしまいますね。

生きているだけで、本当にありがたいことです。人は与えられた命を生かさなくてはいけません。

■ 死

私の弟は24歳で死んだのですが、突然死でした。

ただ普通に帰って寝て、朝起きたら冷たくなっていたのです。スポーツマンは、急激に運動量が減ると、そうした死を向かえることがあるそうです。すぎたるは…ですね。

彼の死は、あまりに突然でしたので、彼本人も死んだということを分かっていないのではないか?と思えるほどです。

登山をしていると、生と死は常に隣り合わせだな、と実感できます。

一方で、山の存在は悠久の時を感じさせ、人間の一生などというものは、自然という時間スケールで見ると、ほんの一瞬であるのだ…と誰しもが分かります。

つまり、自分の死などは大した問題ではないと分かるわけですね。自然の大いなるサイクルの一部であると。山はそこが良いところです。

自分の悩みなどはちっぽけでどうでもよくなりますし。なんだこんな小さなことで悩んでいたのか?と思うでしょう。

その一方で、与えられた時間を真摯に、無駄にせず生きなくてはならないと思う。

そう思えたら、果敢に人生に立ち向かうことができるのが、人間が人間であるところで、人間のすごさ、強さだと思います。

おそらく、偉大な仕事を成し得る人間と言うのは、自らの私利私欲、突き詰めると、死の恐怖が、まったく問題にならないところまで、達観した人なのでしょう。そうでないと、思いきった行動は起こせないものです。

その、”思い切った行動”、自分の限界を超える一歩、が、岩では、核心部で伸ばす一手に限りなく似ています。

岩が人生のメタファーになっているんですね。

それは、忘我というより、滅我の境地と言う気がします。

まぁ、私はそこまで行く予定はありませんが(笑)

■ 山そっちのけ宴会

ただ、そうした山の良さ、は、たとえば、飲めや歌えやの宴会を山に持ち込んでしまうと、あっけなく消え去ります。

だから、山で宴会というのは、私にはなんとなく、山の良さを打ち消すものに思えます。

もちろん、親睦山行と言うのはあってよいのですが、山の山らしさを大事にした親睦山行だって、企画可能なので、下界で外せば良い羽目を、わざわざ危険が一杯の、山で外したいという理由が分からないんですよね。

■ 生い立ち

私は母子家庭の育ちで三人兄弟の長女です。幼稚園、小学校、中学校といわゆる”お受験”をしましたが、塾には行ったことがありません。それでも、高校は地元のトップスクールに行き、大学は、その学校の中では落ち目でしたが、国立に進み、夜学で、働きながら卒業しました。今も学費を返済中です。

弟と妹がいるから、早く自立して親を楽にさせてあげたかったんですよね。英語が話せ、TOEICは925点、IELTSは8寄りの7ですが、大学の頃に休学して、働きながらアメリカで、英語を習得しました。

なんでこんな話を持ち出すのか?というと、やっぱり好きな山に色濃く影響するな~と思うからです。

私は、自己破滅的な山もキライだし、ストレス解消のための宴会山行も、ちょっとね~。

俺ってかっこいい!うひぃ!ってのは、ワカラナイでもないけど、自分がそうしようとは思わないし…

ヨガでは、「その人の背負ってきた人生は、あなたには計り知れないのだから、人を予断で判断してはいけない」とよく言います。

いつも感じるのですが、私は山梨に来て、色々なお商売の人からは、”この人からは、ボッタ喰っていい人”とみなされているように感じるんですよね。

その根底には、”努力なしで、楽をして生きてきた人”もしくは”楽をして生きている人”と、いう先入観があるような?

別に、銀の匙をくわえて、生まれてきたわけではありませんけど、なんでしょうかね~。

■ 地味

まぁ、山でも一歩一歩、地道に積み上げる、というのが好きです。

それは何に表れるか?というと、山の選択ですね。

今度行くのは、御小屋尾根と中山尾根です。

御小屋尾根って、そういえば、山岳会の人に「こんなところ誰が行くんだ」と馬鹿にされていたよーな???

私はいい道だと思ったんですけどね、危険個所がないですし、まぁ長いですけど。 長い道が楽しめないのって、ホントの山やなんでしょうかね・・・

それに中山尾根。無雪期だから行かないって言う人が多い。

みなさん派手な山が好きなんですよね・・・(ため息)。

しかし、岩登りの練習ゲレンデでしかない、三つ峠マルチの後で、いきなり四尾根ってないでしょう・・・。

では、四尾根にもつながる、長めマルチで、より自然条件に近いところ、で、どこが良いだろうか?と考えた結果です。

■ 山が違う

私は、地道な人です。 

間を端折って楽してきたことはありません。楽してきたのはむしろ一般ピープルのほうなんですよ。

級友が塾でプロに勉強をあの手この手で吹きこまれていたときに、4時起きでバイトして受験費用を貯めていたんですから。親の仕送りで遊んでいる学生の中で、実家や祖母の仕送りをしていたような学生なんですよ・・・。ワンルームマンションは知らない。学生寮と長屋です。

だから、大人になって、ホントに幸せです。

私にとって、結婚は自分の手で築き上げるものです。子供はできませんでしたが、それは仕方ない。

ので、愛は2年で冷めるとか、言われても、まったく気持ちも分からないしねぇ…。ウチ、ラブラブなんで。結婚12年目ですが。

子供がいることに不満を言っている人は、欲しくても出来なかった人が聞いたら、何と思うか?とは、考えないのでしょうね~。そんなに嫌なら作らなければよかったのにって、思うんですが、思いませんか。

女性ですから、子供ができなかったことは、一つの挫折にはなりましたが、人生、子供がすべてではありませんしね~と思っています。 みんな、子供を迷惑がって、楽しくなさそうにしていますしね。

甲府に来るまでは、ダブルインカムでした。私は仕事を持っていましたので。それは、山に例えると、実力の拮抗したクライマーが、コンテで登るようなものでした。甲府に来てからは、働き手は彼だけなので、スタカットに切り替えって感じで、かなり登攀スピードはダウンしています。が、専業主婦だからと言って、私がビレイしていないということではありませんしね。

専業主婦も大変ですよ、時間はあっても、それを生かすゆとりはないので。

まぁ、そういうわけで、何が言いたいかと言うと、山が違うんですよ。登っている山が。

分かります? 言わんとすることが・・・ なんとなくでも、分かってもらえたら、幸甚です。

もね、そういうのは居酒屋とかでやってもらいたいんですよ、わたし、飲み屋のねえちゃんじゃないんで。

そういうのに費やすには、人生は貴重すぎます。

No comments:

Post a Comment