Saturday, August 12, 2017

男性初心者を育てる難しさ

去年の今頃のことを考える。小川山でテント泊していたんだが…。ちょっとした事件があった。パートナーのことだ。

私は、山では、ホントに男性と女性では危険の認知力が違うと思う。おそらく、女性は子供を守ると言う本能を与えられているので、危険認知が、男性の数倍早い

Kさんという講習生の同期がいた。一緒にアイスしたりして楽しく登っていたんだが、無雪期になって沢シーズンに入ると…出てきた行くところリストは、ものすごい難しい沢山行ばかり…。当時の沢の師匠に見せると、初心者が行くには危険極まりないところばかりだそうだった…。ので、それを彼にフィードバックすると怒ってしまったのだ。ので、彼とは山に行かないことになった。

山をまだ良く知らない男性山ヤとのパートナーシップの解消はこういうケースが多い。

皆、行きたいところが、”いきなり高度”すぎる。”段階を踏んだ成長”ということを全然理解していない。

それで、私の方から 

 「無理強いされて死ぬくらいならパートナー解消」

となってしまう。Kさんの時も、この事例で、私は沢の師匠になってくれる人を見つけていたし、二人で門下に下ろう(笑)と思っていたのだが、彼は、師匠に付くなど、男の沽券にでもかかわるとでも思っていたのか、沢登りに師匠が必要とは、予想だにしていないのだった…

で、けんか別れしたのだった。私が見つけた人は、素晴らしすぎる沢経験が豊富な師匠だったからだ。彼にはその価値がワカラナイのだった…。

テント泊では、その喧嘩の事情を誤解した人が、私がKさんと登らなくなったことについて、否定的なことを言ったのだった。事情をよく知りもしないで。

■ 男子は難しい

男子というのは、ホントに山にたいして自信が一杯過ぎて、難しいです。 

大学生のO君も同じでした。 私は間違って、初級のアイスのルートにセカンドで彼を連れだしてしまったのです… 連れて行って見ると、「懸垂下降したことありません」。

懸垂下降と言うのは、アルパインでは最初に習う技です。ないとどこへも行けない。

ですから、したことがないということは、まったくのゼロ初心者、と言う意味です。敗退ができない人は、どのようなルートにも行くことが許されないのですから…。

ですから、この時のこのセリフで、私は、ハッとすべてを理解し、このルートのあとは、人工壁に連れて行き、バックアップがついた超安全モードの初心者向け、懸垂下降から、支点の作り方、セカンドの確保のセット、つるべ、基本的なムーブまで、色々教えたのでした…。これらはすべて私が有料で学んだことです。

さらに岩場もデビューしてもらわないと、ルートはないので、岩場デビューまで、先輩に頼み込んで、面倒を見たのです。山岳会も知人や友人のつてで彼の年齢にあっていそうなところを探し一緒に例会に行ったくらいです。アイゼントレのための岩トレもしてあげました。自分には必要ないけれど、後輩を安全に山に連れて行くためには、先輩の義務みたいなものです。

それでも、やっぱり、彼はビレイを習得してこなかったのです…。知り合って1年が過ぎ、彼にはリード壁での技術習得が必要だと言ってあったのに、彼のビレイを見ると、去年のままでした。

ビレイと言うのは、意識が分かります。ただ持っているだけでいいという教わり方をしてしまった人など悲劇です。

外のアイスからビレイを入門するのは、初心者に誤解を与える非常に大きなリスクで、アイスではだらりんビレイがだいぶ許容されています。落氷があるからです。しかも、アイスで通常リードするのは、絶対に落ちないベテランと決まっています。なぜなら、それだけ墜落が許されないからです。なので、結果としては、ビレイは形骸化します。つまり、落ちないから誰でもいいし、だらりんだろうがなんだろうが、クライマーとしてはリスクは変わらないので気にせず登る、ということになります。

しかし、初心者は、それがアイスだけの、またベテランがリードするときだけの特別な事情とは、まだ分かっていないので…そのようなビレイを常用するようになると、非常に危険です。フリーでは全く許されないビレイ、人工壁だと完全にアウト、と言うようなビレイをします。

私はパートナーは欲しいですがビレイができないような人は、さすがに無理。どのようなクライマーでもビレイが確実なビレイヤーを求めるのは贅沢ではなく、ただの必要最低限ですので、この子はかなり大事に育てた人でしたが、やっぱり無理だな~と思いました。

男子には、誰か大人の男性が、きっちり山ヤになるにはどういう責任が附随するのか、教えてくれないとダメです。 

じゃないと、ただロープ持っているだけで、俺ってイケてる~って思っちゃうのです…。

なにしろ、アイスクライミングや岩登りは、周囲の人間には全く理解されておらず、ギアを持っているだけで、鼻高々になれる活動だからです…

一般に、山登り自体が、全体的にそんな面があります。ギアが特殊なので、特殊な感じを漂わせています。平たく言えば、知らない人からみたら、なんか凄そう…

ですから、余計に、謙虚な姿勢で臨む必要があると思います…。

■ 過去の経験から学んだこと

私はこれらの経験から何を学んだのでしょうか?

1)事情を知りもしないのに 予断で判断するのは失礼だということ

私はKさんとのことを一方的に悪人扱いされ、嫌な思いをしました。Kさんと一緒に登れないのは私だけではなく、たとえ男性でも初心者だったら無理です。命がいくつあっても、足りないことになってしまいます。自分で自分の命を守るのは自己責任なので、Kさんと登っていないのは、私は正しく自己責任を取ったということになります。

2)ビレイくらい確実な人をパートナーに欲しいと思っていること

私はビレイが良く何度も墜落を止めている経験がすでにあるなので、私自身にも、私の墜落を止めてくれると信頼できる人をパートナーに欲しいと思っています。それくらいは最低限の条件で。

3)ビレイヤーを育てるのは、男性は男性同士で。

女性に対しては男性は甘えが出るので、ダメなのではないかと。言って聞かせて分からない場合、対処法がなくなります。

一般に若い男性は、根拠なく、女より自分が上と思っています。もちろん、体力は上でしょうが、危険だよ、と指摘されたとき、理解する頭脳が停止状態になるようです。

たぶん、運転が危険だと指摘されると腹が立つのと同じなのでは?

4)ビレイヤー育ては、最初が肝心

ビレイを習得すると言う面で、落ちることがないアイスクライミングでビレイデビューすると言うのは、最悪の選択肢です。

やはり墜落が当然のように繰り返される人工壁でバンバン落ちるのをバンバン止めるというのが大事なことのように思います。

5)手放す

言って聞かせても分からない人だったら、いくら自分が一杯自分の時間を使って育てた人でも、執着を手放して、あきらめる必要があります…

時間を返してほしいと言うような気持ちになったりもしますが…その分の時間で、普通に遊びに行けたりもしたはずですから…

手放すということを学ぶ良い機会なのだ、ということなのでしょう。

6)要らないプレゼントはあげない

O君がそもそも、ビレイを習得したがっていたか?というと… もしかしたら、違ったのかもしれません。

そうなると、私が先輩を引っ張り出して岩トレしたり、色々した努力は彼にとっては、あまりあり難いことではなかったかもしれません。事実、お礼を言われたことがなかったような???

ということは、擦れ違いのプレゼントということです。

すれ違いのプレゼントは悲しい… 相手が頼んできたときだけ、プレゼントをあげる、ということが大事なこと、

特にこの辺は女性と男性では話が違います。

女性は、相手のニーズを察して、相手が言葉にする前に差し出すことを思いやりのある態度と思います。

男性はそうではなく、自分が頼んだことでない限り、やってもらった、とは思いません。

以上が、これらパートナー候補者2名から、経験から、学んだことです。





Monday, July 31, 2017

夏山の混雑はコントロールできないリスク

私はグロービスという社会人大学院でマーケティングを学んだ。そこで分かったこと…マーケティングとは、ビジネスに都合のいいことを拡大し、都合の悪いことは伝えない、という首尾一貫した姿勢を戦略と呼び、取ることが多いということだ。

実際、マーケティング戦略を立案するのだが、優劣というのは、整合性、主張が首尾一貫しているかどうか?で決まる。

しかし、実際の世界は、長所は欠点の裏返しであり、山においても同じことだ。山は美しいが、それは人の手が入っていない、ありのままの自然だから、という訳であり、それは、お天気が変わりやすいとか、救急車を呼んでもすぐ来ないとか、登山道は無舗装路であるとか、石ころが滑りやすいとか、空気が薄いとか、坂が急だ、とか、すべて、自然が自然のありのまま、だからである。

で、私が思うのは、山の雑誌は、マーケティングが良すぎて、山のいいところしか、雑誌の中で取り扱っていないということだ。

私が持っている古い岳人などは、今の雑誌のつくりと全然違う…。おとぎ話みたいな耳触りの良いことだけを雑誌やFBでアップしている雑誌を見ると、マーケティング的には合っているけど、山の神様はきっとうれしくないよなぁと思う。

山小屋も同じことだ。ヘリで石油を大量に荷揚げして、発電機で電気を作って、安い冷凍食材を提供するから、結果としては食材は多国籍、大量の糞尿は標高が高いため、なかなか分解されず、地層を形成中みたいな状況、山の神様がうれしいと思うだろうか…?

結局、”山の神様”に仕えているのではなく、”カネ儲けの神様”に仕えている、ということが、そもそもの問題なのだろう。

こうした傾向は、私が思うには、ここ20~30年で強化された傾向だ。バブルを経験し、バブル崩壊を経験し、小泉改革で、弱肉強食、競争がより激化して、カネ儲けになれば、黒いカネも白いカネも同じだという風潮が強くなり、例えば、銀行でさえ、サラ金業に手を出しても、罪悪感もなければ、社会的にも問題視されない、という世界になった。

”山の神様”が喜んでいないだろう、と思われることをするのは、”自分の中の良心”も喜んでいないことをしているのと同じだ。

なぜなら、両者は同じだからだ。

したがって、遭難が増えるのは、当然のことでしかない。登山者に山の真実の姿を伝えていないからだ。

山に登るにはリスクを起点にプランニングしなくてはならない。そんなことは、山岳会にいる山ヤだったら、誰でも知っている。

リスクを起点にプランニングする、という点がありきたりのことであるのに、その作法も伝えられず、プランニングのイロハや安全で確実なステップアップ法も語られない。

リスクが語られるときは遭難数や事例で、そんなのは特殊事例として、一般登山者の頭の中ではスルーされるのが落ちである。大事なのは、ただ楽しいだけの山をしたい人(=意識が低い人)にも届く書き方なのだから。

雑誌で語られるのは、なんだかポエティックで、メルヘンな、お花畑なセリフ。”かわいい”とか、”きれい”とか、”楽しい”とか、”やったー”とかで、三歳児みたいな語彙である。

そんな風にして山をただの空想上のメルヘンにしてしまうから、まさか、アイゼンがいるんですか?みたいな登山者が来てしまう。その人に悪気があったわけではなくて、知らされて当然のことが、登山者数を増やしたいと言うマーケティング上の、つまり、カネ儲け以上の都合のために、知らされていないのではないか?

そんなことをいつも思う夏山の遭難…

大体夏山をプロモーションすること自体が良くない。山岳会に所属しているような人は夏山の縦走路にいること自体が、実はとっても珍しい…。

山では、混雑自体がリスクで、そのリスクは、コントロールできないものだから、である。

しかも、その混雑の主体を成す登山者像は、ほとんど、山初心者、つまり巻き込まれ遭難の可能性も高い。

上からおじさんがふってくる、など。

そうしたリスクはコントロールできないため、大体事情を良く知っている人はそのようなリスクを回避して、そもそも行かない(笑)。

そして、そういう人は雑誌を読まない。役立つことは書いていないからだ。

私の周りで山の雑誌を読んで、山に行っている人は一人もいないような気がする。






シラケた言葉

山をやる、とは、リスクも含めた山のありのままの姿と対峙していく、ということである。

どんな山、たとえハイキングの山でもリスクフリーの山なんてない。

そのことを理解するのがいかに難しいか?と最近つくづく思い知らされた。

夫は、「楽しく一緒に山に登りたかった」んだそうである。

これを聞いて私が喜んだか?んなわけないでしょ。白々とシラケた。

どれだけ私の努力を全くをもって分かっていないのか、この言葉に表れている。夫ほど身近にいて、私が努力する様子を見ているのにも、かかわらずである。

山のリスクを理解するといことがいかに難しいか?…とつくづく思い知らされた

これだけ私と一緒にいて、山のリスクを全然分かっていない。夫と私が ”一緒に楽しく登る” なんて不可能なのである。彼に成長する気がないから。

成長する気というのは、
(道迷いを防ぐために)読図をマスターし、
(雪上歩行を習得するために)雪上講習に出て、
(滑落に備えるため)滑落停止訓練をし、
(山では岩場もでてくるので)岩講習に出て、
(滑落に備えるため)ビレイをマスターし、ロープを買ってノットとロープの扱いを覚え、
(そもそも滑落しないため)クライミングジムに行って、登攀の練習をし、
(登っている間に技術不足でビバークする羽目にならないように)易しい岩場に行って、1日で何ピッチ、ピッチ数が稼げるか数え、
(それでも滑落してしまった場合に備えて)レスキューの講習に出て、宙吊り脱出と自己脱出くらいし、
(自分たちで最低限のレスキューはできるように)ザック搬送を互いに学び、
(それでも瀕死の事態になったとしても救急救命程度はできるように)日赤に救急救命法を受講して、

そして、やっと、私が行く山に行けるのである。

彼はこれをするのに、少なくとも3年かかるだろう。真面目にフルタイムでやって3年かかるのだから、片手間にやっていたら、6年かかる。

だから、夫と楽しく一緒に、なんて、ない。

夫が楽しく登れる山に合わせていたら、ただのハイキングになり、そんなの、私が何もタノシクナイ。

例えば、まったく同じタイトルの映画を見るのでも、大人と行けば自分も楽しむだけで良いが、子供と行けば、相手を保護しないといけなくなり、自分の楽しみは後回しになるでしょう。同じことです。

夫はそもそも、ハイキング山行で、相手を楽しませるだけの、何の素養も持っていない。むしろ、教えてもらう側であり、彼の安全を見守ってもらう側だ。

だから、ハイキングに行っても、私のガイド山行になってしまう。

しかし、これは、夫だけでなく、山岳会にいたおばちゃんたちもみな、同じだった。山岳会に20代のときからいて、60代になったおばちゃんも同じだった。

他の人のガイド山行にフリーライドしていて、「一緒に行ってやっている」とまでは言わないまでも、「”一緒に”楽しく登っている」気持ちなのである。

それで、そこを分かってもらうため、私がリーダーの山行の時(読図山行)、

 地図を持ってこない人が一人でもいた時点で、たとえそこが駐車場でも敗退にします

とした。読図山行で地図をもってこなかったら、何しにきてんのって話だ。

すると、陰のリーダーの先輩が慌てふためいて、なんとその女性の先輩の家に地図を届けに行っていた(笑)。つまり、その人が地図をもってこないことは確実なこと、だったのだ。

このリーダーの行動は良くないことだ、と思う。

自分の準備不足のせいで、山行が不成立になる、ということを経験させるべきだったのだ。

運命共同体ということの、本当の意味はそういうことだからだ。

だから下辺の人は努力して上がってきてもらいたいし、上の人はその人を引きあげようと言う動機になるのだ。

そうでなかったら?悪魔に魂を売っていることになる。安全が犠牲になるからだ。

連れて行ってあげる&連れて行ってもらうという、一見、平和的解決だが、少しでも問題が起これば、一気に共倒れになる。

一人前の山ヤだったら、誰もいなくても、下山できないといけない。人の指示がなくても、ちゃんと低体温症から身を守れ、雨具くらい指示なくても着ないといけない。東西南北くらいは分かっているべきだ。

そんなのは、おやつを大量に持ってくる前にしておかなくてはいけないのに、みんなの意識は、大量におやつ持って行く私=貢献、なのである。

じゃないよ。

山やは、最低限、地図くらい、ちゃんと持って行ってよ。

あなた地図持って行く人、私おやつ持って行く人、なわけないでしょ。

人生も同じである。あなた食べる人、私作る人、なわけないでしょ。

どっちも、ちゃんとできた後の役割分担でしょ。そもそも、できないんじゃ、タダの依存。